愛に溢れた漫画評。

ブルボン小林さん

ブルボン小林さんの事をあまり知らなかったので、まず調べてみました。それで検索してて、やたら「長嶋有」って人が引っかかるな、と思ったら、同一人物なんですね。漫画評論家としては、「ブルボン小林」名義で活動しているのだそう。HPも、「長嶋有」の公式サイトと、「ブルボン小林」の公式サイトがあります。

この本も、内容は漫画の評論です。ふと思ったのですが、漫画を評論した本の感想を書く、というのは意味のある行為なんだろうか。いや、この本はこの本自体で、感想を残したくなるくらい、面白かったのです。

この本を読んで思ったのが、たしかな評論のセンスを持った人だと思いました。扱っている漫画は、メジャーどころからマイナーなものまで幅広いです。そして、メジャーどころもマイナーも、平等に評価しています。また、着眼点がいちいちすばらしいです。

浦沢直樹評

浦沢作品について語る回があるのですが、内容にはかなり納得してしまいました。かつて宮崎駿が、手塚作品について「作家のイマジネーションが手管になってしまった」と語ったことを、引き合いに出すのですが、たしかに浦沢作品でも、そう感じることがあるような気がします。

「手管」がうますぎることは、「悪」では無いと思いますが、変な表現をすると、ゲームでいう「ハメ技」だったり、「すごくレベルを上げてゲームを簡単にしてしまう」ところを見て、シラケることに近いような気がします。これは、自分だけの感覚なので、伝わらないかもしれませんし、上手く言えていないかもしれません。

ブルボン小林さんが言うところの、「手管がうますぎる」は、「作者の筋書きが前面に出過ぎる」ということなのかな、と思いました。キャラクターを操る作者の影がちらついて、キャラクターが人形に見えてしまって、熱が伝わってこないために、キャラクター視点の感情移入ができず、のめり込めないのかなと。これは、浦沢直樹さんが有名になったからこそ、起こったことだと思います。全くの新人だとして、作者の影はちらつきにくいような気がしますし。

では、宮﨑駿が言うところの、「作家のイマジネーション」ってなんなんでしょう。その逆は「手管=様式化」ということを言っているのだと思いますが、表現の方法というのは、既に出尽くされているような気がしますし、どの表現も、かつてあった方法から影響を受けたものだと思います。「昔は出て来るもの全てが新しくてよかった」ということかなとも思いましたが、違うような気もします。

その状況の中でも、読めない筋を書くことが、イマジネーションなのかもしれません。だとすれば、オリジナリティと言い換えることができるでしょうか。多分、「他人の作品に対するオリジナリティ」と、「自分の作品に対するオリジナリティ」があって、後者が無いと感じる場合に「手管」に感じるのかもな、と思いました。前者は、過去の作品も含めると中々出すのが難しいと思いますし、多かれ少なかれ影響は受けるものだから、実際には存在しないかもしれません。手塚治虫や浦沢直樹の様に、数多くの作品を生み出してきたからこそ、後者のオリジナリティが出しにくい、あるいは出ていないと思われやすいような気がします。

スネ夫の全自慢

自分は文庫版を買いましたが、最後にふろくがついていました。一つは、ピエール瀧さんとブルボン小林さんとの対談。もう一つは、スネ夫の全自慢をまとめたものです。

秀逸なのが、自慢する時のポーズを、横綱が土俵入りする時の「雲龍型」、「不知火型」に分類しているところです。腰に手を当てる「雲龍型」と、両手を広げる「不知火型」。この発想がすばらしい。そもそも、スネ夫の自慢をまとめたら、面白くなることに気がついた着眼点がすばらしい。

関連書籍

ブルボン小林さんのセンスが気に入ったので、「ぐっとくる題名」は是非読んでみたいと思いました。そして、ぐっときたい。また、「マンガホニャララロワイヤル」も読みたいです。この本、あんまり売っているところを、見たこと無いんですよね。なんと、「ゲームホニャララ」という本もあるみたい。

カテゴリー: 本の感想

memom

都内在住会社員。 物心ついた時から読書好き。 読んだ本を忘れない様につらつらと感想を書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です