現代版お金の絡むイソップ物語。

本の内容

ピタゴラスイッチで有名な佐藤雅彦さんが送る、行動経済学マンガ。BRUTUSという雑誌に連載していたのを見たのが、この漫画を知るきっかけでした。連載が終了してしまって、残念に思っていたのですが、単行本が出たと知って即買いしました。

内容は、行動経済学の諸法則を、漫画のストーリーで紹介するというものです。人間は意外と、非合理的な行動をするところから、ヘンテコ+エコノミクスでヘンテコノミクス。

1話で2見開き分の漫画ですが、これがとても分かりやすいです。イソップ物語とかの、寓意のある寓話を読んでいるようだなあと思いました。実際、イソップ物語の「キツネとブドウ」が出て来る話もありました。

漫画を書いているのは、高橋秀明さんという方です。この本では、ちょっと昔風(?)の漫画にしています。あくまで自分のイメージですが、赤塚不二夫とか石ノ森章太郎とかの感じでしょうか。

行動経済学とは

この本のそでには、こんな説明が載っています。

行動経済学とは、従来の経済学では説明しきれない人間の経済行動を人間の心理という視点から解明しようとする新しい経済学です。

また、こちらのページで分かりやすく解説されていました。

要するに、数値的な損得以外の動機で動く、経済に関する行動原理を解明しようとする学問、ということでしょうか。

この本では、行動経済学の幅広いテーマを紹介しています。そんな単純な話ではないでしょうが、これを全部自分のプラスになるように使いこなせたら、かなりビジネスでの成功率が上がるんではないかと思いました。

漫画で伝える、理解するということ

「漫画でわかる」という本は、世の中に沢山ありますね。自分は、小学生の時に「漫画でわかる日本の歴史」(すいませんタイトルはうろ覚え)みたいな本が好きで、よく図書館で借りて読んでいました。漫画でわかるシリーズって、大人になるとちょっと抵抗あるけど、本当は理解できるならどんな媒体からでも良いはずなんですよね。むしろ、理解に適したものが漫画である場合もあるはずなので、先入観を捨てて積極的に利用したいです。

あとがきを読むと、行動経済学というテーマが決まった後で、漫画でやることに決まるまでに、試行錯誤があった様子です。日常生活の物語を表現する手段として、漫画というチョイスはピッタリだと思います。

行動経済学の関連本

この本を買ったという自分の行動すら、行動経済学で説明できるのではないかという気がします。それくらい、いろんな事に応用可能な学問なのではないかと思いました。行動経済学の本は多数出ているみたいです。ノーベル経済学賞を受賞している、ダニエル・カーネマンという人の本が面白そう。

去年のノーベル経済学賞も、リチャード・セイラーという行動経済学者が受賞しているそう。そういえば、日本人はノーベル経済学賞は取ってないですね。苦手な分野なのかな。


memom

都内在住会社員。 物心ついた時から読書好き。 読んだ本を忘れない様につらつらと感想を書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です