全てが駅になる。

ワクワクする世界観

自己増殖を続ける”横浜駅”に覆われた日本。こういう設定すごくワクワクして好きです。スイカネットとかSFのオマージュもあって楽しい。世界観の割には重苦しくなく、軽くてポップだけど、雑じゃない感じ。「駅」という誰しもが馴染みのあるシステムを扱ってうまく料理したのが、作者の勝利じゃないかなあ。

着想は、横浜駅がしょっちゅう改築しているところから得たのだそう。自分は横浜駅って多分一度しか行ったことないので、しょっちゅう工事しているとかは知らなかった。よく使う人だったら「あーそうそう」って感じなのだろうか。

作中の横浜駅の中は、自分は薄暗い洞窟みたいなのをイメージして読んでいました。ラピュタで炭鉱みたいなところを進んでいる時の感じ。冒険感があって好きな雰囲気を勝手に当てはめていた。

キャラクターとその掘り下げ具合も、これくらいがちょうどいい感じ。ちょっとスカシているというか、諦観してる感じがあるけど、この世界観にマッチしていると思います。

リアルでも広がる「横浜駅SF」

作者の名前「柞刈湯葉」は漢字変換で出せないですね。作者が楽しんで書いてる感が伝わってきて良かったです。

漫画にはもうなっているみたいですね。メディアミックスしやすそうなので、このワールドはまだまだ広がりそうな気がします。

「全国版」も面白かったです。「重力アルケミック」は電子版待ち。

関連書籍
カテゴリー: 本の感想

memom

都内在住会社員。 物心ついた時から読書好き。 読んだ本を忘れない様につらつらと感想を書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です