ハードボイルドな推理小説。

推理小説と言うと緻密な頭脳戦という印象が強いけど、この話は緻密さというよりも骨太な力強さ、強かさの印象が強く残った。登場人物の会話の中の駆け引きから、油断できない緊張感、狡猾さが伝わってくる。それでいてストーリーの構成の面白さや意外性もあって、色んな要素で読ませてくれた。

マーロウの割り切ったキャラは好きだけど、昨日今日会った人にそこまで友情を感じるかなあ?というところはちょっと疑問に思った。

カテゴリー: 本の感想

memom

都内在住会社員。 物心ついた時から読書好き。 読んだ本を忘れない様につらつらと感想を書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です